CALENDAR
S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< December 2017 >>
ARCHIVES
CATEGORIES
RECOMMEND
「奇跡のシンフォニー」オリジナル・サウンドトラック
「奇跡のシンフォニー」オリジナル・サウンドトラック (JUGEMレビュー »)
サントラ
一足早く機内で鑑賞。
ほんっと泣けます。
音楽も感動です。
RECOMMEND
皇帝ペンギン プレミアム・エディション
皇帝ペンギン プレミアム・エディション (JUGEMレビュー »)

3回も観ました。かわいいだけじゃない、感動の一作。将来子供にも絶対に見せたい。
RECOMMEND
Le Petit Prince
Le Petit Prince (JUGEMレビュー »)
Antoine De Saint-Exupery
「大切なものは目に見えない」
ずっと好きな一冊。
『怪談』試写会に行ってきました。


三遊亭円朝の落語『真景累ヶ淵(しんけいかさねがふち)』
を題材にしたホラー映画「怪談」の試写会に行ってきました。

場所は有楽町のよみうりホール。

『真景累ヶ淵』は四谷怪談と並ぶ古典ホラーの一つなんだとか。

その上、監督が中田秀夫ということもあって、
やっぱ怖そうな気がしていたんだけど・・・

始まって早々、見ている誰もがヒヤッとした瞬間があって
会場が一瞬ざわめきだった。

出演は尾上菊之助、黒木瞳、井上真央、麻生久美子、木村多江など。
こういう時代劇ものでの木村多江さんの演技って個人的に好き。
『大奥』で一番感じたんだけれど、とってもいい味出してると思います。

江戸時代のニオイっていうか、空気みたいなものが
伝わってくる感じがして、普段のホラー映画とは一味違った。

梅雨明けも延びてて、気分も何だか湿っぽいこの頃。

一足早く、"夏"を感じた一夜でした。

オススメ度:★★★★☆
-----------------------------------------------------
「怪談」公式ホームページ
| movie | 23:25 | comments(0) | trackbacks(0) |
『私たちの幸せな時間』試写会に行ってきました!
男は三人を殺した死刑囚。
女は三回自殺未遂をした元人気歌手。

絶望を抱えた二人が出会い、惹かれあい、
初めて「生きたい」と思った時、

許された時間はあとわずか・・・。





心に響く映画です。

この出会いに感謝。


ラブ・ストーリーって言うよりも、
もっと大きな愛を感じる作品です。

ぐいぐい引き込まれ、思わずポロリ。

7月14日(土)公開です。

ちなみに、

この原作本を日本語訳されたのは蓮池薫さん。
その蓮池さんが、この翻訳に関して記事を更新されている
ブログも始まっているようです。
蓮池薫BLOG「My Back Page」│新潮社
--------------------------------------------------
私たちの幸せな時間 公式HP
| movie | 22:31 | comments(0) | trackbacks(0) |
赤肉 vs 白肉 !?
突然ですが・・・

みなさんは 赤肉派? それとも白肉派??

ってすぐにピンと来たアナタ。。!
かなりの通ですね。笑

実は、今日は仕事帰りに半蔵門まですっ飛んで、
試写会に行ってきました。

THE焼肉ムービー 『プルコギ』

カルビ、ロースなどの赤身の「赤肉」と
「白肉」ことホルモン系(タンもこの部類らしい・・・)の
焼肉バトルを大真面目に描いたこの映画。

見終わった後にジュージューしてしまったのは
言うまでもありませんが・・・ハイ。

と、映画がなかなか面白かった以上に大事件が!それは・・・
なんど今日の試写会でスペシャルライブがあったこと。

主題歌を担当した山崎まさよしサンと、
挿入歌のブルースを歌う永井"ホトケ"隆さんを中心とした
ブルースロックバンドThe Blues Power。

生の歌声にドキドキしっ放し☆
学生時代に、山崎まさよしにそっくりな友人がいたんだけど
(まぁそれはさほど関係なく)ハマッていた時期があって
まさかこんな機会があるとは!って。
試写状に記載されてるのを見たときから静かに興奮してました。笑

おまけに1曲追加披露してくれた上に、焼肉にちなんだ
ライブ後のトークでは「ホルモンをガムみたくずっと噛んで居たい!」
なーんて笑わせてくれちゃって本当に最高でした(^−^)

なんか、映画鑑賞以前に満足しきっていたワタシ。。

ということで、

今日の夜ごはんは白肉で!ギアラとハツテキ


-----------------------------------------------
THE焼肉ムービー プルコギ 公式HP
| movie | 22:23 | comments(0) | trackbacks(0) |
ナイスバディー☆
今日は試写会に行ってきました。

2月10日公開の「Gガール-破壊的な彼女-」
@スペースFS汐留ホール。


超人的なパワーを持つNYのスーパー・ヒロイン"Gガール"


何事においても普通の女性とはケタ違いのパワーで男性を圧倒。

ちょっぴりHで笑いの耐えないラブコメ。

マジで笑えますっ!!

ちなみに、今日はバレンタイン特別試写会ということで、
グラドルの熊田曜子が登場(→シネマトゥディ記事
Gガールのコスチュームで、チョコの瓦割りしたり。
プレスの撮影もすごい熱気。。!


生で見るとますますナイスバディー☆でした。

--------------------------------------------------------
映画「Gガール-破壊的な彼女-」公式サイト
| movie | 22:37 | comments(0) | trackbacks(0) |
ヴェルサイユへひとっ飛び。。!

有楽町の日劇PLEXにて。

予告を見てからずっと気になってた『マリー・アントワネット』
見てきちゃった★

キルスティン・ダンストがはまりにハマってるこの新作。
実際にヴェルサイユ宮殿内で撮影されたとあって、
まさに当時はこうだったんだろうなーって感じで
見応えがあった。圧巻!!

古くて新しいヴェルサイユ、マリー・アントワネットの姿が
あったような気がする。
結局、現代っ子と同じなんだよね・・・彼女も。

さすがに観客の9割が女性だったけど、これはスクリーンで観るべし!

もう6年にもなるのかーって懐かしく思いながら、
色とりどりの花に囲まれた宮殿を見てました。

初めて訪れたにもかかわらず、
「絶対にココ来たことあるっ!!」って強く感じた場所。

そーいう場所ってごく稀にない??

あの時代にあの場所に存在できていたとしたら・・・
う〜ん、、何だったかな?ワタシは。

召使?ううん、人間だったらマシだけど、または彼女に
飼われていたアヒル?鶏?それとも、ヤギ??

一度、本格的な前世占いってものを試してみたい。

何だかものすごーく満たされた2時間余りデシタ。

---------------------------------------------------
マリー・アントワネット 公式ウェブサイト
| movie | 23:01 | comments(0) | trackbacks(0) |
『硫黄島からの手紙』

ついに見てきましたー。。!

「世界が忘れてはならない島がある…」
アメリカ人のクリント・イーストウッド監督が描く、敗戦国日本の映画。

『父親たちの星条旗』は未だ見ていないのだけど、これは見ておこう!
と思って行ってきました。

二つの国旗と、二つの手紙。

アメリカ人が鬼畜米英などでなく、
日本人また東洋の野蛮なイエローモンキーではなく、
どちらも全く同じ赤い血が通った家族思いの人間。

同じ悲劇を共有する双方の国民に向けたメッセージ。

観てよかった。

オススメ度:★★★★★
---------------------------------------------
父親たちの星条旗 │ 硫黄島からの手紙
| movie | 18:54 | comments(0) | trackbacks(0) |
『エラゴン 遺志を継ぐ者』
2007年はファンタジー・アドベンチャーでSTARTです。


はるかかなたの世界…邪悪な王が支配する帝国「アラゲイシア」を舞台に、
選ばれし少年エラゴンが活躍する壮大な物語。
ドラゴン、剣と魔法、出生の秘密、伝説、悪との闘い、
そして困難に立ち向かう少年の運命と成長…

展開がスピーディーで、あっという間。

原作は世界中で注目の17歳のベストセラー作家
クリストファー・パオリ−ニ。
15歳のときから作品を書き始めたというから、驚きです。。!

早くも次作が楽しみ♪

オススメ度:★★★★☆

◆STORY◆
 竜を操り悪と戦う、ドラゴン・ライダーが主人公のファンタジー。
原作はアメリカで300万部を超えるベストセラーとなったファンタジー小説。
全3部作の第1章を映画化。

 森の中で光を放つ青い石を見つけた少年・エラゴン。
貧しい生活を送る彼は、石を食糧に替えようとするが、
その石は“ドラゴンの卵”だった。
卵からかえった“サフィラ”を密かに育てる彼に、不穏な影が近づいていた。


-----------------------------------------------
映画「エラゴン 遺志を継ぐ者」公式サイト
| movie | 23:15 | comments(0) | trackbacks(0) |
ワールド・トレード・センター
あの9・11同時多発テロから早や5年も経ちました。

10月7日(土)公開の『ワールド・トレード・センター』

この秋一番観たかった作品です。
見事試写会に当選し、一足早く行ってきました。
場所はなかのZEROホール。
となりでは桜坂やっくんのイベントが開催されていた様子。。

今年度アカデミー賞最有力候補と注目されていることもあり、
また9・11で一番被害が大きかったWTCについてどんな風に描くのか
すごく興味がありました。もちろん期待も大。

自分の命を顧みず、避難する人々の救出のため世界貿易センタービルに入り込み、
倒壊した瓦礫に封じ込められた実在の港湾局警察官の勇気と、
彼らの生還を待ち続ける家族の希望を描いたオリバー・ストーン監督の話題作。

瓦礫の中から必死に生きようとする人を救出する場面には息をのみました。

この惨劇を起こしたのも人間、その中で必死に生きようとしたのも人間。

「人」という字について改めて考えさせられた作品です。

人間って支え合って生きてる。だからこそ人間。

この秋おススメです。
| movie | 22:24 | comments(0) | trackbacks(3) |
イルマーレ−THE LAKE HOUSE
友人に誘われて、イルマーレの日テレ試写会に行ってきました。
場所は東京消防会館内にあるニッショーホール。

このイルマーレ、韓国の同名映画のハリウッドのリメイク版。
キアヌ・リーブスとサンドラ・ブロックの共演で息もピッタリ。
1時間38分と上映時間が短いので、見始めたときはなんだか
空振りに終わりそうな予感もしてました。
・・・が、「究極のラブストーリー」でした。

こんな出会いがしたい、こんな風に誰かを愛してみたいって
思った人は男女問わず沢山いるんじゃないかな。

過去〜未来、未来〜過去へのラブレターのやりとり。
時間を越えても募っていく思いがリアルに感じられました。

ちょっぴり切なさの増すこの季節にはオススメの作品。

----------------------------------------------------------
イルマーレ−THE LAKE HOUSE
| movie | 23:17 | comments(0) | trackbacks(2) |
『狩人と犬、最後の旅』〜The Last Trapper

昨日友人に誘われて試写会に行ってきました。

【STORY】
"最後の狩人"としてカナダ・ロッキー山脈を長年生き抜いてきた実在の狩人、
ノーマン・ウィンター。しかしながら、森林伐採により動物たちは減少。
仕事も住まいも、生きる目的さえも失いかけていた彼は、今年限りで山を去ろうと
決意する。
そんな彼の元にやってきた子犬のハスキー犬、アパッシュ。狩りにも犬ぞりにも
役に立たない一匹との出会いは彼の人生を大きく変えていくのだった・・・。


ノーマンと、アパッシュをはじめとする彼の愛犬たちとの強い絆にジーン。

ロッキーの大自然の四季のあまりの美しさに、思わず息を飲み込んでしまいました。

狩人って、生態系を調整したり、自然を守るためにとても重要な役割を担っているんだなって感じました。生活の楽しさも辛さも、リアルに感じた。

いつの間にか映画に吸い込まれていた私。

見終わった後、実はドキュメンタリ−なんじゃないの!?
ってなんとも不思議な感覚に。

「自然と生きることから始めなければならない」のノーマンの一言。

地球の温暖化、オゾン層の破壊、森林伐採。
私たちの周りで進んでいる環境破壊について、深く考えさせられる。
-------------------------------------------------------------
公式サイト
| movie | 14:18 | comments(0) | trackbacks(0) |
| 1/2PAGES | >>